大学で学科首席を取れたのに心から喜べなかった理由【025】

どうも、てつです。

前回(就活予備校化する大学。就きたい職業もやりたい研究もない。【024】)に引き続き、私のうつを生み出した精神構造がいかにして作られていったのかということについて分析していきます。

今回は、大学で学科1位の成績が取れたにもかかわらず、喜びが感じられなかった理由についてお話します。

GPA 4.0を取った大学2年の後期

大学2年生の後期、私は当時受講していた全ての科目で最高評価のS(100点満点の90点以上)を取り、GPA 4.0という成績を残しました。

その頃の自分の生活を振り返ります。

 

当時私は大学から自転車で10分くらいの所にアパートを借りて一人暮らしをしていました。

毎朝5時に起きて、朝食や身支度、簡単な家事を済ませたら、6:00から8:30まで勉強し、それから大学に向かっていました。

大学の授業が終わったあとは、すぐにその日の授業の復習をし、家に帰ってからは次の日の予習をしていました。

 

節約のために食事もほとんど自炊していましたし、大学に弁当も持って行っていました。

定期的な運動もしており、1日5km程のジョギングをほとんど毎日こなしていました。

また、家庭教師のアルバイトもしていました。

 

当時の私は、まさに絵に書いたような優等生といった感じでした。

大学の友人からは冗談交じりに、

「てつはストイックすぎて、側にいると自分がダメな人間に思えてきて辛い」

などと言われていました。

 

しかし、私としてはストイックに自分を追い込んでいるという自覚は全くなく、

「いや、別に当たり前のことをしているだけだよ。体力的にも精神的にも辛くないし。」

という感覚でした。

しかしある日、強烈な虚無感に襲われました。

自分がなぜ勉強しているのか分からなくなった

いつものようにアパートで早朝から勉強をしていた時、ふと、こんな思いが湧き上がりました。

「自分がやりたくて勉強しているのか、やるべきだから勉強しているのか分からない」

「趣味や運動を含め、自分のとる行動のすべてが、やりたくてやっているのか、やるべきだからやっているのかが分からない」

そんな感覚に陥りました。

 

大学受験浪人中や、大学に入ってすぐのころは、明らかに

「本当はやりたくないけれど、やるべきだからやる」

という感覚でした。

心を押し殺して、やるべきことに専念するという感覚でした。

 

しかし、心を押し殺し続けた代償でしょうか、ロボット人間を演じ続けていた弊害でしょうか。

ついに私は、自分の本心や、自分の内側から湧きだす生き生きとした感情を感じ取れなくなってしまったのです。

周囲の人たち「大人になったね」

「自分の感情に流されず、しっかりと自分をコントロールしてやるべきことができるてつ君は素晴らしい人間だ。大人になったね。」

「自炊・家事・アルバイト・運動をしながら、大学の首席を取るなんて凄い!」

「自分の身内が大学首席なんて鼻が高い。」

そうやって皆、私を褒めちぎりました。

 

しかし、周囲の人間からいくら褒められても、私の中には言いようのない虚無感が充満していました。

頭では、

「客観的に喜ばしいことなんだな」

と理解することはできても、心の底から湧き上がってくるような喜びは感じられませんでした。

 

また、

「単に自分は他の誰よりも勉強に時間を割いたからたまたま成績が良かっただけであって、この分野の才能があるから首席になれたわけではない。もし私よりも勉強に時間を割く人がいたら、その人に私は確実に負ける。」

と思っていました。

謙虚を通り越して、卑屈になっていた私は、どんなに他人から評価されても、自分で自分を認めることはできませんでした。

自分が嫌いでした。

 

真の喜びは、ありのままの自分から湧きだすものです。

私は、「ありのままの自分は幼くてダメなやつだ」と徹底的に自己否定し、理性により自分自身を強力にコントロールし続けていました。

心の底から喜びが湧き上がってこなくなっても、無理はありません。

感情を無視し続けてきた結果、心が不感症になってしまったのです。

 

「自分の感情をコントロールして、やるべきことを頑張ってやる」

ということは、世間一般的には評価されるようですが、その行為は果たして本当に、その人を幸せな未来に導くのでしょうか?

 

少なくとも私は、周囲の人から見ていくら幸せそうに見えたとしても、主観的に幸せを感じることはありませんでした。

人は主観を離れて存在することはできません。

 

主観的な感覚・感性・感情を無視して、理性で考え客観的にやるべきだとされることに徹したところで、当時の私のような不感症のロボット人間を生み出すだけだと思います。

「立派なつまらない大人」を生み出すだけだと思います。

 

私がよく話題にしている、手段と目的の逆転現象がここにも表れています。

何か達成したい目標や夢があり、それを達成する手段として一定の期間ストイックに自分をコントロールしてやるべきことに徹することは良いことかもしれません。

 

例えオリンピックの金メダリストのように、才能があって、得意で好きな分野のことに取り組んでいる人だとしても、「ただやりたいからやっているだけ」という領域を超えて、自分を追い込んでいると思うからです。

 

しかし、私の場合大学で学びたいことも、将来就きたい職業も、夢も目標もなかったので、本来手段に過ぎない

「自分をコントロールしてやるべきことに徹する」

ということ自体が目的になってしまいました。

 

そのため、客観的に見ていくら優れていようとも、虚無感に苛まれる毎日を過ごすことになったのです。

他者の期待を満たすための生き方をしていました。

だから、他者から褒められました。

 

しかし、自分の本心を裏切る行為を続けていました。

だから、自分が好きになれませんでした。

この経験は、私をうつの発症へとまた一歩近づけました。

 

うつの発症まで残り約3年です。

 

前の記事(就活予備校化する大学。就きたい職業もやりたい研究もない。【024】)

目次(全記事一覧)

次の記事(何がしたいのか分からない。やりたい研究も就きたい職業もない【026】)

自己紹介【000】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

てつと申します。

 

1991年生まれ

某大学の工学系の学科を首席で卒業後、東証一部上場の機械部品メーカーに就職

入社約半年でうつを発症し退職

1年ほどの無職療養期間を経て近所の小売店でアルバイトを開始

うつ発症から約2年後、主観的にうつは完治したと実感

2018年現在、
・週に35時間のアルバイト
・食料を半自給するための菜園の運営
・ブログの運営
の3つの活動を中心に生活している。

 

このブログでは、

私がうつ病を発症した原因の分析、うつのどん底から立ち直った方法、

うつを通して得られた人生に対する深い気付き、

うつ病経験者としてこれからの人生をどう歩んでいくかの思索

などを紹介しています。

 

詳細な自己紹介はこちらのリンクからどうぞ。

ページ上部へ戻る