【番外編】グーグルアドセンスの審査に11回目の申請で合格した方法

どうも、てつです。

 

 

本編の更新が

滞ってしまって申し訳ないです。

 

 

以前少し触れたましたように

再び自分にとって未消化の過去の記憶を

掘り起こさなければならない局面に

 

差し掛かってしまったことが

筆が止まっている原因です。

 

 

やっと最近、苦しかった過去の記憶を客観視して

文章化できそうな精神レベルに達することができたので

近日投稿を再開いたします。

 

 

それにあたり、ずっと先延ばしにしてしまっていた

Twitterでお世話になった方たちとの

約束を先に果たそうと思います。

 

 

この記事では

私のグーグルアドセンス合格体験記とともに

 

グーグルアドセンスの審査合格のために

Twitter上で親身になってアドバイスを下さった

とても優しいお二方をご紹介します。

ひとまず結論から

私がアドセンスに合格した方法

通常の方法で約半年間にわたり

合計10回申請しましたが

合格することはできませんでした。

 

 

先にYouTubeでアドセンスのアカウントを作り

そのアカウントをブログと関連付ける

 

という方法を取ったところ

なんと一回で合格を貰いました。

 

 

詳しい方法はTwitterでこの方法を教えてくださった

ゆーじん様(@yuzunosoukutsu )の

ブログ記事をご覧ください。

 

以下にブログのリンクを貼っておきます。

ちょっと変わってるのかなあ?GoogleAdSenseがあっさり導入できた経緯をご紹介

合格した理由の簡単な考察

通常の方法ではいくらやっても

「お前のブログ広告を載せる価値もないよ」と

Google先生に言われ続けましたが

 

アプローチの仕方を変えたところ

あっさりと合格を貰えました。

 

 

合格した理由は恐らく

通常の申請方法とは

審査基準が異なるからでしょう。

 

 

もし人の目で見て

最終的に合否を判定しているのであれば

合否を判定する担当の方が

通常の申請方法の時とは

異なるということではないか?

 

というのが私の考えです。

 

 

半年間粘ってよかったです。

 

 

ただし、注意点があります。

それは、YouTubeのアカウントから

収益化の権限がはく奪された場合

 

ブログの収益化の権限も

はく奪される可能性があるということです。

 

 

まぁ、YouTubeに変な動画を上げなければ

問題ないのだとは思いますが

念のためお伝えしておきます。

お世話になった方への感謝

アドセンス合格にあたっては

Twitter上で助言を下さったお二方への

感謝を抜きには語れません。

 

 

ここで私に助言を下さった

お優しいお二方をご紹介します。

お世話になった方一人目:コウキ様

■コウキ@ひよこは旅をする(@hiyoko_tabi)■

 

私が度重なるアドセンスの不合格に落ち込み

打ちひしがれていた時に

とても親切に優しく助言を下さった方です。

 

以下にコウキ様の執筆された

20000字にも及ぶ超力作の

 

アドセンス合格に必要な情報のまとめ記事を

ご紹介いたします。

【約20000字】アドセンス審査に合格するための全情報まとめ【2019年度版】

 

コウキ様自身も

18回目の申請で合格をつかみ取った方です。

 

 

問題点の分析をし仮説を立てて修正を繰り返し

ご自身のブログを

価値のあるコンテンツに鍛え上げて

 

まさに正攻法で突破したという

印象があります。

 

私自身もいろいろなサイトを参考にしてきましたが

ここまで素晴らしいまとめには

今まで出会ったことがありません。

 

審査基準は刻一刻と変わっているため

最新情報をもとに書かれているという点も

とても魅力的です。

お世話になった方二人目:ゆーじん様

■ゆーじん@ブログのんびり更新へシフトの柑橘系ママ(@yuzunosoukutsu )■

 

2人目はゆーじん様です。

コウキ様に教わった方法で

大幅な修正をかける直前に

 

「この方法を試してみては?」

ということで

ゆーじん様から教わった情報です。

 

以下にゆーじん様のまとめられた

アドセンス合格体験の記事をご紹介します。

ちょっと変わってるのかなあ?GoogleAdSenseがあっさり導入できた経緯をご紹介

 

 

私はこの方法で申請11回目にしてついに

アドセンスに合格することができました。

 

 

ゆーじん様には感謝しかないです。

本当にありがとうございました。

約70記事の投稿を振り返って

さてここまでこのブログでは

70記事近くを書いてきたわけですが

 

何故ずっと合格できなかったかの分析とともに

これまでのブログ人生を

振り返っていきたいと思います。

そもそもこのブログは大衆受けする内容ではない

このブログの内容は基本的に

うつ病に関連する自分の記憶を

ただひたすらに文章化し自己分析したものです。

 

 

アクセス数を集めるのに

向いている内容ではありませんし

 

そもそも検索需要があるテーマを選んで

記事を書いているわけでもありません。

 

 

検索需要がないということは

Googleの検索エンジンから見て

 

価値がないという判定をされても

無理はないです。

 

 

ただ「複製されたコンテンツ」

という判定を受け続け

 

不合格になったことには

納得がいきませんでした。

 

 

AIによる審査の限界だとは思いますが

私自身の体験談が複製なわけがありません。

このブログは自己治療の一環

このブログは

 

過去の苦悩を文章化することを通して

苦しかった過去の記憶を消化し

完全に自分にとっての「過去」に変えて

 

過去から解き放たれて、過去には引きずられずに

今を生き、未来に進んでいくためのモノと言っても

過言ではないです。

 

 

自分の中にあった苦しみを

ある程度客観的な視点で文章化し

 

このブログを読んでくださっているあなたに

読んでいただけるような形で表現する

という行為を通した

 

一種の自己治療です。

 

 

カメのような更新速度のブログですが

なんだかんだで1年以上運営しており

すでに70記事近く書いています。

 

 

1記事目を書き始めた頃に比べ

このブログを創り上げていくという活動を通して

私自身の精神状態はどんどん改善していますし

 

自己理解が深まり

精神的にも成長している

という実感があります。

 

 

過去の記憶と向き合い続けることが辛くなり

ブログの更新が止まってしまったとしても

 

現実世界の私が

うつ病の時に経験した地獄のような日々を

 

完全に過去のものとして

客観視できるレベルまで成長すると

 

再びブログの更新を再開できる

といった具合に

 

ブログの成長と現実世界の自分の成長が

相互に関連し合っているということに

最近になって気付きました。

遺書を書いているような気分

ブログを書くことに対する

モチベーションの質も

最近は変わってきました。

 

 

自己分析や自己治療のためのブログだ

という意識を超えて

 

もはや遺書を書くような心境で

文章を書いているのです。

 

 

自分の目を通した世界が

どのようなものであったのかを

死ぬ前に書き記しておこう

 

 

自分の苦悩や成長の歴史を

死ぬ前に書き記しておこう

といった心持なのです。

 

 

突き詰めて考えれば

人生は無意味です。

 

 

絶対的で固定的な価値が

存在しているわけではありません。

 

 

突き詰めて考えれば

 

私達は原子や分子や素粒子が

奇跡的な配列で存在して

なんやかんやしているだけです。

 

 

人間は何故か意識というものを持ってしまい

自己や世界を認識し解釈して

そこに意味付けをするようになりましたが

 

宇宙規模で考えれば

私がうつ病で働けなくなろうが

彼女からフラれて落ち込もうが

 

宇宙及ぼす影響は限りなくゼロに近いです。

 

 

約137億年ともいわれる

長い長い宇宙の歴史の中で

 

まばたきをするくらいの刹那に

 

フッと生まれ落ちたと思ったら

次の瞬間にはフッと消えていくだけの

儚く虚しい存在です。

 

 

その儚く無意味で虚しい人生に

解釈や意味付けを施して

意味が感じられるように

 

人生の意味を

求め続けることによってしか

生きる意味を感じることはできません。

 

 

そして人間は

人生に意味を感じられなくなってしまうと

 

精神のみならず肉体までもが衰退していき

最終的には死に至ってしまう生き物です。

 

 

これはアウシュビッツ収容所から生還した

精神科医で『夜と霧』の著者である

 

ヴィクトール・フランクル氏が遺した

重要な知見です。

 

 

つまりこのブログは

私の主観を通して世界を認識・解釈し

 

どのような意味付けを行ったのか

という記録の塊です。

 

 

私という人間がこの世に一時的に存在し

どのような経験や解釈や意味付けを積み重ねて

土に還っていったのかという物語です。

 

 

そういう意味で

もはや遺書を書いているような心境で

ブログを書いているという表現をしました。

まとめ

さてグーグルアドセンスの話からは

大分脱線しましたが

最後に今回の記事をまとめます。

アドセンスに合格した方法

私が合格できた最大の要因は

Twitter上でゆーじん様(@yuzunosoukutsu )に

教わった方法を試したことです。

 

その方法は簡単に言うと

先にYouTubeでアドセンスのアカウントを作り

 

そのアカウントに

ブログを関連付けるという方法です。

 

 

詳しい説明は以下のリンクより

ゆーじん様のブログ記事を

ご覧ください。

ちょっと変わってるのかなあ?GoogleAdSenseがあっさり導入できた経緯をご紹介

私にとってのブログを書く意味

元々自己治療を目的として

うつ病にまつわる辛かった記憶を言語化し

 

このブログを読んでくださっているあなたに

理解していただけるような形で

ある程度の客観性をもって表現するということが

 

このブログの基本的な方針です。

 

 

このブログを実際に書き始める前までは

 

未だに自分がこんなにも

過去に囚われていたのだということには

気付きませんでした。

 

 

そしてブログを書き進めるほどに

このブログを書きあげることが

 

自分の人生にとって

とても重要な「意味」があるということを

ひしひしと感じています。

 

 

未だ過去を消化しきって

乗り越えることができていなかった

 

ということに直面するたびに

私の筆は止まり、精神的に落ち込み

更新ができない状態に陥りました。

 

 

しかし、現実世界の私が

過去の記憶を客観視して

 

その経験を血肉に変えて

進んでいかれる様な精神状態にまで成長した時

再び文章を書くことができるようになるのです。

 

 

ブログを創ることと現実世界の私の精神の成長が

相互作用しながら進んでいっているのだと

確信しました。

 

 

たとえ苦しくても

今後再び筆が止まってしまったとしても

私は必ずこのうつ病完治体験記を書きあげます。

 

 

書き上げた時に見える景色は

きっと今よりも素晴らしいものだと

信じて突き進みます。

 

 

 

次回は、本編のうつ病完治体験記に戻ります。

 

ここまでお読みいただき

心より感謝申し上げます。

お疲れさまでした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

てつが自給菜園で育てた愛しい夏野菜ちゃんたち

てつと申します。

 

このブログに訪問していただき

ありがとうございます。

 

 

1991年生まれ。

 

某大学の工学系の学科を首席で卒業後

東証一部上場の製造業の技術職に就く。

 

入社約半年でうつ病を発症し退職。

 

約1年間の無職療養期間を経て

近所の小売店でアルバイトを開始。

 

うつ病の発症から約2年後

主観的にうつ病は完治したと実感。

 

 

2019年現在

・週に30時間のアルバイト

・食料を半自給するための菜園の運営

・ブログの運営

の3つの活動を中心に生活している。

 

このブログでは

 

・私がうつ病を発症した原因の分析

・うつ病のどん底から立ち上がるまでの物語

・うつ病を通して得られた
人生に対する深い気付き

・うつ病経験者として
これからの人生を
どう歩んでいくかの思索

 

などを紹介しています。

詳細な自己紹介はこちらのリンクからどうぞ。

ページ上部へ戻る